駐在所を自宅と兼ねて住み込んで生活も仕事の同時にします。

「駐在さん」の住まい、駐在所の生活とは

駐在所は常に都市を離れた郊外や、比較的に住民の少ない過疎地域(例えば孤島や山間部に置かれる地域)の安全確保や住民の問題解決に当たる警察署下部機構です。一人の警察官が配属され、駐在所を自宅と兼ねて住み込んで生活も仕事も同じ場所で行います。駐在生活は駐在地域の状況や人それぞれで違うイメージを持っています。地域の安全確保が本務でパトロールに行ったり、住民の日常生活での問題で振り回されるたびあちこち駆けつけようと日々忙しくしているのです。一方地域の風景や眺めて楽しんでいる駐在さんもいます。規定上でも日勤制での勤務になりますが、実際にはいつでも住民に呼ばれる可能性があるため、仕事のオンオフが、ほとんどない状態です。

朝早くから夜遅くまで呼ばれたりすることがあります。ご飯を食べている時も寝ている時も関係なく助けを求めてくる人が跡を絶たずにやってきます。駐在さんがパトロールに出たりして、外回りに出る場合は奥さんに駐在所を頼むしかありません。それで奥さんが住民の接待、連絡、問題の解決などを責任を持ってしています。夫の不在時に駐在の仕事をうまく対応できるために必要な知識や方法を身につけることや覚悟も大切です。しかし仕事の合間に地域住民と交流して、美しい風景を楽むこともできます。

「駐在さん」の住まい、駐在所の生活とは

生活を共にする警察

共に生活する事で警察が当たり前の存在になりました。

実際の駐在所の生活ぶり

人々の想像と違って実際の駐在生活は二つの面があります。

Copyright(C) 2011 - 「駐在さん」の住まい、駐在所の生活とは - All Rights Reserved.